top of page

け が

整骨院(接骨院)は元来"ほねつぎ"として、骨折や脱臼、捻挫、肉離れ、打撲といった怪我の処置や後療法を行う施設です。整骨院には、柔道整復師と呼ばれる国家資格者が在籍しており、柔道整復師が行う柔整整復術は、接骨院や病院・クリニックなどの医療現場はもとより、スポーツ現場や介護・福祉の分野でも必要とされる技術・理論です。日本古来の武術の一つである柔術の『活法(※)』にその源を発し、東洋医学や西洋医学との融合・相互触発などを重ね、広く一般庶民の根強い支持・信頼を得て今日に至っています。特に、骨・関節・筋・腱・靭帯などが複合的に連結している軟部組織の損傷に関しては、様々な治療技術の中でも特段の治療実績を上げています。手術を行わない『非観血療法(出血を伴わない治療法)』であり、注射や投薬などは用いず、徒手的な施術と物理療法で人体が持つ自然治癒力を引き出して治癒に導く『保存療法』としても高い評価を得ています。

※武道(柔術/柔道など)には、傷ついた相手を蘇生・治療する『活法』がある。

けがで悩んでいませんか?

チェックボックス.png

​足を捻ってしまった

チェックボックス.png

​肉離れを起こした

チェックボックス.png

​ぶつけて打撲をした

チェックボックス.png

​ぎっくり腰になった

チェックボックス.png

骨折、脱臼した

固定.jpg

​怪我といった急性的な症状は健康保険が適用されます。

bottom of page