[コラム]2021/10/26

冷えと痛み

気温も下がりはじめ、秋らしくなり、一日の寒暖差が大きくなってきました。
このように季節が変わり、気温が下がってくると身体に痛みが現れやすくなります。

今日は"冷えと痛み"の関係性、その対処法について紹介していきます。

人は、全身に温かな血液が循環させることで身体温め、体温を維持しています。しかし、外気温が低下すると末梢の血管が収縮してしまい、血の巡りが悪くなります。また、皮下組織などに余分な水分が貯留(むくみ)していると、その水分が外気によって冷やされ、抹消の血液を更に冷やしてしまいます。

このように体温が低下し、血の巡りが悪くなると、栄養や酸素を含んだ新鮮な血液が全身に行き渡らなくなります。

そうすると体内で発痛物質が産生され、新たな痛みが現れたり、もともとあった痛みが増強してしまうのです。

冷えのセルフ対策は下記の通りです。

・20分程度のウォーキングやストレッチ
・入浴はシャワーではなく、湯舟に浸かる
・体を締め付ける下着は避ける
・膝から下を締め付けるようなブーツが避ける
・脚のマッサージや足湯をする
・就寝時に弾性ストッキングを履く(保温やむくみ予防)

冷えに効く食材も知っておくと良いでしょう。

野菜類:ニンジン、カボチャなど
肉類:鶏肉、羊肉など
香辛料:シナモン、ショウガ(温めたもの)、葛湯など
豆類:小豆、黒豆など

これらを日頃の食事に取り入れてカラダを内側から温めましょう。

これから気温が下がる季節です。冷えの対策をし、痛みのない快適な生活を送りましょう。

当院の施術は、血流を促進・改善することができ、冷えによる痛みの改善にも効果的です。
痛みでお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください。


むげん整骨院|鍼灸院グループ