【肩の痛み】上腕二頭筋長頭腱炎


上腕二頭筋は力こぶを形作る筋肉で、肘を曲げたり、腕を上げる挙上動作といった肩関節の動きにも関与します。


上腕二頭筋は、肩関節に近づくにつれて長頭腱と短頭腱に分かれます。


長頭腱は結節間溝(肩関節部の上腕骨頭にある溝のようなくぼみ)に納まっており、摩擦の影響を短頭腱よりも受けやすい構造をしています。


肩関節内の関節唇が剥がれて欠損したり、腱板(肩関節を支える4つの筋肉:棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)が弱化したり、損傷をすると肩関節の安定性が失われるため、上腕二頭筋長頭腱の負担や摩擦が増え、炎症を誘引してしまいます。


発症の起因動作は、野球の投球動作、テニスのサーブ、バレーのアタックといったオーバーハンドスポーツをされるアスリート、トレーニングのお好きな方、重労働をされる方に多く見られます。


腕を上げたり、荷物を持ち上げる際に肩に痛みを感じる方は専門機関を早めに受診されることおすすめします。


病態が進行すると慢性化したり、腱が断裂することもありますので注意が必要です。

198回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示